2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

無料ブログはココログ

« 東京の木製仁丹町名表示板 その3 | トップページ | 誓願寺の六地蔵石幢 »

2022年12月16日 (金)

俳人山頭火と京都

 俳句には、季題を含んだ五・七・五の定型を基本とするものと、定型と季題に捉われない自由な音律による俳句があります。
 自由律俳句は河東碧梧桐・荻原井泉水などが提唱したもので、種田山頭火はこの井泉水に師事しました。

種田山頭火像(山口県 JR防府駅前)

Photo_20221215164801

 山頭火は、句作の力量ではずば抜けていました。しかし、いきさつは省略しますが、人生の後半には家と家族を捨て、放埒三昧と酒のため「脱落者」としてもちょっとした人でした。また、人の温情・好意に頼りすぎて毀誉褒貶の相半ばする人だったようです。

 人生に挫折し酒に溺れ、大正14年3月43歳の時に俗世を捨てて出家得度します。
 しかし、一代句集『草木塔』に「大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。」と前書きを付けた句、「分け入っても分け入っても青い山」を入れています。
 9歳の時の母の自殺に始まる生家の不幸・悲劇が山頭火には呪縛となっていたが、この呪縛から抜け出して俳句に生きるため、一所不住・雲水不住の放浪の旅に出ました。
 うしろすがたのしぐれてゆくか
 鉄鉢の中へも霰
 あるけばかっこういそげばかっこう 

 この時の3年もの長旅を初めとして、59歳で亡くなるまでまでに1ヶ月以上に及ぶ旅を8回もおこなっています。
 この間、昭和11年には7ヶ月にわたる大旅行に出ました。『旅日記』によれば3月18日〜23日は、句友を頼って京都で過ごしています。

芭蕉堂(東山区鷲尾町)
 芭蕉堂は芭蕉の句「しばの戸の月やそのままあみだ坊」を生かし、高桑闌更(江戸時代の俳諧師)が営んだ草堂。堂内の芭蕉木像は蕉門十哲の一人森川許六が刻んだとか。
 なお、山頭火・芭蕉ともに西行法師の影響を強く受け、各地を放浪して多くの句を残したが、芭蕉堂の東隣には西行庵がある。
 西行庵の北東の雙林寺にあった塔頭蔡華院で、西行が諸国行脚の後で杖をとめて広く知られる次の歌を詠んだ。
  願わくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃

Photo_20221215165901

3月18日……石清水八幡宮、南禅寺、夜に新京極
3月19日……八坂の塔、芭蕉堂、西行庵、知恩院、南禅寺、永観堂、銀閣寺等々
3月20日……北野、鷹ヶ峰、庵(源光庵か?)、光悦寺、金閣寺
3月21日……雨で滞在
3月22日……宇治、木津
3月23日……大河原、笠置、月ヶ瀬

 この間の作句で、『草木塔』の「鉢の子」に納められているのは、
  あてもない旅の袂草こんなにたまり
  たたずめば風わたる空のとほくとほく
  雲のゆききも栄華のあとの水ひかる
  春風の扉ひらけば南無阿弥陀仏
  うららかな鐘を撞かうよ

 この後、伊賀上野、津、伊勢を経て東上し、無一文ながら行乞はほとんど行わず、禅僧姿で俳友を訪ね招かれて、鎌倉・東京・甲州路・信濃路・新潟・山形・仙台・平泉を経巡り、福井にとって返して永平寺に参籠、ようやく7月22日に小郡の其中庵に帰っています。この旅では芭蕉・一茶・良寛の跡をも訪ねています。

 山頭火は酒好きで身を誤ったともいえ、俗事を離れて心から酒を楽しむ酒仙ではなく、しばしば泥酔から醒めてのちに自己批判をしており、日記(昭和6年12月28日)に「あゝ酒、酒、酒、酒ゆえに生きてもきたが、こんなにもなった、酒は悪魔か仏か、毒か薬か」と書いています。
 そして、昭和10年8月8日、山頭火は其中庵(山口県小郡)の草庵で自責と孤独に耐えかね、また句作の行き詰まりもあり、大量のカルモチンを呷って自殺を図るも未遂に終わっています。
 この自殺騒ぎの後に、先に記した7ヶ月及ぶ大旅行を敢行していたのです。



« 東京の木製仁丹町名表示板 その3 | トップページ | 誓願寺の六地蔵石幢 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京の木製仁丹町名表示板 その3 | トップページ | 誓願寺の六地蔵石幢 »