2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

無料ブログはココログ

雑記

2022年12月16日 (金)

俳人山頭火と京都

 俳句には、季題を含んだ五・七・五の定型を基本とするものと、定型と季題に捉われない自由な音律による俳句があります。
 自由律俳句は河東碧梧桐・荻原井泉水などが提唱したもので、種田山頭火はこの井泉水に師事しました。

種田山頭火像(山口県 JR防府駅前)

Photo_20221215164801

 山頭火は、句作の力量ではずば抜けていました。しかし、いきさつは省略しますが、人生の後半には家と家族を捨て、放埒三昧と酒のため「脱落者」としてもちょっとした人でした。また、人の温情・好意に頼りすぎて毀誉褒貶の相半ばする人だったようです。

 人生に挫折し酒に溺れ、大正14年3月43歳の時に俗世を捨てて出家得度します。
 しかし、一代句集『草木塔』に「大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た。」と前書きを付けた句、「分け入っても分け入っても青い山」を入れています。
 9歳の時の母の自殺に始まる生家の不幸・悲劇が山頭火には呪縛となっていたが、この呪縛から抜け出して俳句に生きるため、一所不住・雲水不住の放浪の旅に出ました。
 うしろすがたのしぐれてゆくか
 鉄鉢の中へも霰
 あるけばかっこういそげばかっこう 

 この時の3年もの長旅を初めとして、59歳で亡くなるまでまでに1ヶ月以上に及ぶ旅を8回もおこなっています。
 この間、昭和11年には7ヶ月にわたる大旅行に出ました。『旅日記』によれば3月18日〜23日は、句友を頼って京都で過ごしています。

芭蕉堂(東山区鷲尾町)
 芭蕉堂は芭蕉の句「しばの戸の月やそのままあみだ坊」を生かし、高桑闌更(江戸時代の俳諧師)が営んだ草堂。堂内の芭蕉木像は蕉門十哲の一人森川許六が刻んだとか。
 なお、山頭火・芭蕉ともに西行法師の影響を強く受け、各地を放浪して多くの句を残したが、芭蕉堂の東隣には西行庵がある。
 西行庵の北東の雙林寺にあった塔頭蔡華院で、西行が諸国行脚の後で杖をとめて広く知られる次の歌を詠んだ。
  願わくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃

Photo_20221215165901

3月18日……石清水八幡宮、南禅寺、夜に新京極
3月19日……八坂の塔、芭蕉堂、西行庵、知恩院、南禅寺、永観堂、銀閣寺等々
3月20日……北野、鷹ヶ峰、庵(源光庵か?)、光悦寺、金閣寺
3月21日……雨で滞在
3月22日……宇治、木津
3月23日……大河原、笠置、月ヶ瀬

 この間の作句で、『草木塔』の「鉢の子」に納められているのは、
  あてもない旅の袂草こんなにたまり
  たたずめば風わたる空のとほくとほく
  雲のゆききも栄華のあとの水ひかる
  春風の扉ひらけば南無阿弥陀仏
  うららかな鐘を撞かうよ

 この後、伊賀上野、津、伊勢を経て東上し、無一文ながら行乞はほとんど行わず、禅僧姿で俳友を訪ね招かれて、鎌倉・東京・甲州路・信濃路・新潟・山形・仙台・平泉を経巡り、福井にとって返して永平寺に参籠、ようやく7月22日に小郡の其中庵に帰っています。この旅では芭蕉・一茶・良寛の跡をも訪ねています。

 山頭火は酒好きで身を誤ったともいえ、俗事を離れて心から酒を楽しむ酒仙ではなく、しばしば泥酔から醒めてのちに自己批判をしており、日記(昭和6年12月28日)に「あゝ酒、酒、酒、酒ゆえに生きてもきたが、こんなにもなった、酒は悪魔か仏か、毒か薬か」と書いています。
 そして、昭和10年8月8日、山頭火は其中庵(山口県小郡)の草庵で自責と孤独に耐えかね、また句作の行き詰まりもあり、大量のカルモチンを呷って自殺を図るも未遂に終わっています。
 この自殺騒ぎの後に、先に記した7ヶ月及ぶ大旅行を敢行していたのです。



2022年10月14日 (金)

秋 色(2)

 「秋色(しゅうしょく)」とは、深まる秋の気配や秋の景色をいいます。
 その「秋」でイメージする色といえば、やはり色づく草木の赤や黄色ではないでしょうか。
 山野が錦のように色とりどりに美しく染まる秋のことを「錦秋」と言い、澄んだ空気の中、紅葉・黄葉に彩られた山を「山粧う」と言います。

 紅葉(黄葉)するカエデやもみじの木は「カエデ科」の仲間で、日本では自生種が30種近くのあるそうです。
 葉の形が蛙の手のひらにのように見えるため、「蛙手」が「カエデ」となったということですが、葉の切れ込みの深いものが「モミジ」、葉の切れ込みが浅いものは「カエデ」と呼ばれています。

Photo_20221011144102

Photo_20221011144101

 ところで、「色」という字は、「人」と「卩(せつ)」を組み合わせて成り立っています。
 卩は人が跪いた(ひざまずいた)形を表していて、その人の後ろからまた人が乗った形になっています。したがって、これは人が相交わること、つまり男女の情欲を表しているのだそうです。
 古代中国で「色」といえば「美しい女の顔色」、セックスで最高潮にあるときの女の顔色を指していたようなのです。(ただし、この説の出所は確かめていません)
 それで改めて気付くのは、色の付く言葉には「色気」「色っぽい」「色めく」「色香」など、直接・間接に性に関連する言葉が存外に多いことです。
 これは、有性生殖をおこなう生物としてのヒトが、新しい個体を生み出す切っ掛けとなる性的な衝動や欲求といった、生物として存在する根源に関わるからなのでしょうかネ。(チョットこれは大袈裟?)  

 ちなみに、『広辞苑』で「色」を引いてみると、次のように説明しています。
① 色彩
② 社会的・慣習的に定まった色
 階級で定まった染色、禁色、喪服のにびいろ、婚礼や葬礼のとき上に着る白衣、おしろい・化粧、醤油や紅の異称
③ 容姿などが美しいこと
④ ものの趣
⑤ 愛情・情事、その相手
 なさけ、色情・情欲・情事、情人・恋人・色男・色女、遊女
⑥ 種類、品目
⑦ 邦楽で主旋律でない修飾的な節


 話は変わりますが、繊維や皮革・紙などに着色するための染料には、天然染料と合成染料(人造染料)があります。 
 天然染料には、植物・動物・鉱物から得た染料があり、合成染料が出てくるまでは染料の多くは草木など植物から採っていました。そして、染料を得るために栽培される植物としては藍・鬱金・紅花などがあります。
 「采」の字の元の意味は、手で木の上の実を採ることですが、これが草木から色をとる色どりの意味にも使われるようになったようです。
 この「采(いろどり)」に、色や形が美しいことを示す「彡」を添え「彩」としたことで、「いろどり、あや、模様、色、つや、輝き」といった意味になったのだとか。

いやー、それにしても「色」には多様で異なった意味があることに驚きました。




2022年9月30日 (金)

秋 色(1)

 秋めいてきたなと思うまもなく、初秋から仲秋へ、そして晩秋にと足早に移り変わって行きそうです。

秋の景色(南丹市美山町北)
 彼岸花・コスモス・すすき・蕎麦畑

Photo_20220928170901

Photo_20220928170902

Photo_20220928170903

Photo_20220928171001

 突然ですが、和歌に「わが袖に まだき時雨の 降りぬるは 君が心に 秋や来ぬらむ」(古今和歌集巻第十五恋歌五763)というのがあります。この歌の「秋」は、「飽き」の掛詞(かけことば)となっています。
 私の袖に早くも時雨が降りかかったのは、あなたの心には私に対する秋(飽き)が来たからなのでしょうか。といった感じですね。そして、詠み手の女の袖にかかったのは「時雨」ではなく、女自身の涙だったのでしょう。
 そして、男女間の愛情が冷めて心が離れることを、「秋風が吹く(立つ)」と言いますが、これも「飽き(厭き)」ですね。
 ところで、「男心と秋の空」という慣用句があります。女性への男性の愛情は、秋の空のように変わりやすいという例えです。これが後になって、「男」を「女」に置き換えて「女心と秋の空」ともいうようになりました。
 ここはどちらが正しいのかなどと議論(諍い?)はやめて、「人の心と秋の空」とでもしておけば波風が立たずに、人類みな平和となるのではないでしょうか。(笑)

 それはそうと、「秋」という字の成り立ちを調べてみました。
 「秋」の元々の字(古字)、これが難しい字なのですね。「龝(穐の旧字)」の右側の「龜(亀の旧字)」の下に火を表す「灬」がついていて、「しゅう」と読むようです。(残念ながら使用しているパソコンのソフトにはこの字がありません)
 この字の意味は、「禾」が稲や穀物を表し、「龜」はイナゴなどの虫の形を表しているそうです。
 秋になるとイナゴなどの虫が大発生し、穀物を食い荒らして被害を受けるので、イナゴなどを焼き殺して豊作を祈る儀礼をしたのだろうとされる。
 この儀礼を表す字が「秋」の古字で、パソコンのワープロソフトには無いあの難しい字です。「みのり」の意味となるそうです。
 そして、のちには虫の形を意味する「龜」が省略され、火を表す「灬」だけが残されたことで、禾偏の右側に「火」が付いて「秋」となったようなのです。(白川静『常用字解』から)



2022年6月10日 (金)

都の鬼門を守る幸神社

Photo_20220610123601

 幸神社は、上京区寺町通今出川上ル西入 幸神町にあります。旧村社で出雲路道祖神ともいわれました。
 『都名所圖會』に、「出雲路神は京極の西今出川の北にあり、祭る所猿田彦神命にして道祖神なり、今 幸神といふ。旧地は京極の東なり。」とあり、もとは京極の東、賀茂川畔(今の青龍町あたり)に祀られていた出雲路道祖神だったようです。
 祭神は、猿田彦神が主神で、天御中主神・加美葦牙彦舅神・天照大神・瓊瓊杵尊・天鈿女命・大國主命・少彦名命・事代主命の八神を併祀しています。

 現在では小ぢんまりとした神社ですが、歴史は古く創建は平安遷都の時に遡り、都の東北の鬼門を護るために置かれた守護神として造営されました。
 本殿の東側奥に置かれている猿の神像を、格子を通して見ることができます。猿は烏帽子を被り鬼門の東北を睨んで、疫神・悪鬼・邪気を祓うため忌串(いみぐし)を肩にかかげています。
 平安遷都の際、御所の鬼門に鬼門封じのため「猿が辻」が造られました。北東から鬼がやってこないように角(かど)を凹ませて鬼門に強い猿を祀っています。
 この「京都御所の猿ケ辻の猿」から鬼門の方角である東北に向かって、「幸神社の猿」、「赤山禅院の屋根の上の猿」、「比叡山延暦寺の麓の日吉大社の猿」と連なっています。

 そして、猿田彦神命は道祖神信仰と習合され、縁結びの神としても崇められた。
 幸神社が、縁結びのご利益があるとされるのは、日本最古の縁結びの神様である「猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)」と「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」を祭神として祀っていることに由来しています。猿田彦大神は天鈿女命の道案内をした縁で結ばれました。

神 石

Photo_20220610124201

 境内の東北隅にあります。『新撰京都名所圖會』は「その形が男性の性器に似ているので珍重視されている。猿田彦は古来生殖の神ともいわれるので、かかる形の石を祀ったものであろう。」としています。




2022年5月27日 (金)

京都の住所表示 ーその明快さー

 去る5月2日、京都市内の繁華街でブランド腕時計買取り販売店に強盗が入り、ハンマーでショウケースを叩き割り時計が盗まれるという事件がありました。この荒っぽい犯行で盗まれたのは高級腕時計約50点、被害額は数千万円ということでした。
 強盗に押し入られて被害に遭った店の所在地は、朝日新聞京都版の記事では「中京区手洗水町」とありました。最近ではどの新聞もこのような表記方法を採っているようです。
 ところが、京都に生まれ育った私達でもこのように町名表記だけに省略されてしまうと、そこがどの辺りなのかもう一つよく判りません。
 何かと忙しない現代社会にあって、まどろっこしい表記方法はやめて簡略化しているのでしょうか? 根っからの京都人であれば、このように不親切な表現はしません。

 手洗水町の町域は烏丸通に面する両側、蛸薬師通と錦小路通の間を占める町です。
 そして強盗に入られた店舗は、烏丸蛸薬師の交差点南東角のビル1階にあり、店が公称する所在地は「京都市中京区手洗水町646−2 烏丸第三スタービル」となっています。
 元々の京都人であれば、このような位置関係にある場所は次のように表記します。これを京都方式とでもしておきましょう。
 「京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町642-2 烏丸第三スタービル」となります。
 このように表記することで、手洗水町は烏丸通蛸薬師の交差点の南にあることが分かります。
 いわゆる旧市内(現在の京都市内中心部)では、◯◯通◯◯上ル、◯◯通◯◯下ル、◯◯通◯◯東入、◯◯通◯◯西入とした後に町名を表記することで、通りと通りの交わる所(交差点)を基点として、どちらの方向なのかが判るのです。このような形式の表記は室町時代の末期に始まるようです。
 なお、「上ル」は北方へ行く、「下ル」は南方に行くことを意味しています。「東入」と「西入」は言うまでも無いでしょう。

下京区鍵屋町の仁丹町名表示板
 この「鍵屋町」のケースでそれを見ると、若宮通と正面通との交差点より南側に位置していることが判ります。

Photo_20220505135501
 ちなみに、京都では同一の行政区内に同じ名称の町名が複数あることが珍しくありません。
 例えば、上京区の亀屋町、下京区の鍵屋町などは、同じ町名が四つもあります。このため、下京区鍵屋町だけではどこの鍵屋町なのか判らないのです。
 極端なケースでは、下京区の万寿寺通には堅田町というのが四つ、中京区では夷川通に泉町が四つ、いずれも僅か200メートル余りの間にひしめくように存在しています。

 なので、京都の場合は周辺部の地域は別として、旧市内と称されることもある中心部では住所地や所在地を表すとき、「行政区名+町名」だけで要をなさないことがあるのです。
 したがって、京都方式の住所表記は長くて面倒といえば面倒です。しかし、目指す地点がどこにあるのかを明瞭に認識できるという点では、親切で丁寧な良さがあるのです。





2022年5月13日 (金)

ヤキモチは怖いという話 その2

紫野十二坊町の「歯ノ地蔵尊」

市バス「千本鞍馬口」南行き停留所のそばにあります。

Photo_20220507170901

 地蔵堂の脇にある「由緒書き」が面白いので、長いのですが全文を記しておきます。

 その昔、鞍馬口通には小川が流れていた。金閣寺北の鏡石あたりから折れた紙屋川の支流で、上にのぼって流れる(注1)。いわゆる”逆さ川”だった。そして、川にはちょうど千本通をまたいで小さな橋がかかり、たもとには一体のお地蔵さんがあった。”逆さ川”の(橋の)下におられるので、人々は”逆さ川地蔵”と呼んで親しんだ。
 そんな頃のこと、近くに夫婦が住んでいた。夫は大工で、仕事一筋のマジメ人間。近所の井戸端会議でも評判で、奥さん連中も口々に誉めそやした。妻も自分には出来すぎた夫と思っていたけれど、あまり評判が良すぎるので気が気ではない。
「ひょっとして浮気でもしたら」
「いやいや、他の女性に取られるかも・・・」
 心配が高じて、夫の帰宅が少しでも遅いと、出先まで迎えに出るほどの気の使いよう。
 ある日、夕方から、あいにく空は一天かき曇って、しのつく雨。
「さぞ、夫が困っているのでは・・・」
 妻が迎えに出ると、いましも向こうから夫が、美しい娘と相合ガサで歩いてくるではないか。
「人の気も知らないで、いまいましい!」
 逆上した妻は掴みかかった。驚いたのは亭主。そのまま駆け出し、逆さ川の橋の下に逃げ込むと、お地蔵さんの陰に隠れた。
 追いついた妻は、言葉より先にやにわに肩へガブリと噛みついた。
「アッ!」
 よほど気が転倒していたのか、妻が夫と思っていたのは実はお地蔵さん、そのうえ、噛みついた歯はお地蔵さんの肩に食い込み、そのまま離れない。
 たまたま通りかかった老僧がいて、「これはこれはお気の毒じゃ」と経文を読んで助けた。が、妻はそのまま息が絶えてしまった。
 以来だれ言うとなく、逆さ川地蔵を”歯形地蔵”と呼んで、女の嫉妬を戒めたとか。また、夫の身代わりになったと言うので、歯痛治療の信仰もいつしか生まれた。

注1:「上にのぼって流れる」は、北に向かって流れることです。

 ほかにも歯痛を治めてもらえる地蔵として、空豆地蔵(東山区本町新6丁目216-5大黒湯)、ぬりこべ地蔵(伏見区深草藪之内町26)、星見地蔵(上京区御前通今小路下ル西運寺)、お首地蔵(北区北野東紅梅町23-2)などがあるようです。




2022年4月29日 (金)

ヤキモチは怖いという話 その1

萬松寺の歯形地蔵

萬松寺は上京区,御前通一条下ル東竪町135にあります。

 萬松禅寺寺門の額

Photo_20220426162401

 元禄年間(江戸時代)、西陣の生糸問屋の娘でお梅というのが居て、手代の吉助に懸想をした。つまり、恋い慕うようになったのですね。
 ところが吉助の方は、主家のお嬢さんと手代では余りにも身分が違うということで、お梅を避けて主家から逃げ出しました。
 お梅は恨みに思ってそのあとを追い萬松寺まできたところ、手代の吉助が墓地の中の石の地蔵尊の陰に隠れているのを見つけ、お梅は逆上のあまり手代の肩に噛み付きました。
 しかし、それは吉助ではなく石の地蔵だったのですが、女の執念が石仏の肩に歯形を残させた。
 それからこの地蔵尊を歯形地蔵というようになったということです。

「歯形石地蔵大菩薩」の石碑
Photo_20220426163501

 このような伝承は他にも例があって珍しいものではないようです。いずれも仏教を信仰する人々が寺の繁栄を願って捏造したものであって、言うまでも無く信ずるに足りぬ話です。

 他にも類似した面白い話がありますから、記事にする予定をしています。




2022年4月 1日 (金)

安元の大火と出火原因

 下京区には、万寿寺通御幸町の西方に「堅田町」という町があります。
 この堅田町、初めは魚屋町と称したと云う。近江国(滋賀県)から日々湖魚を運んでこれを販売したが、錦小路に市場が立ってそこに合併したとされる。
 堅田町と改称した時期は不詳とするが、町の名称はもしかすると、都に湖魚を送っていた現在の滋賀県大津市堅田に縁由があるのかも知れません。

Photo_20220331133201
 上部が特に劣化していて見づらい仁丹町名表示板です。
 表記は「下京區 萬壽寺通御幸町西入 堅田町」とある。

 さて、平安時代も末期の安元3年(1177)4月28日、樋口富小路の東にある、この堅田町から出火した。樋口は樋口小路のことで現在の万寿寺通、富小路は現在の麸屋町通にあたる。
 この火災は、世に安元の大火(太郎焼亡とも)と称された。風に煽られて北西に延焼、左京の三分の一を焼き尽くす大火災で、都が平安京に遷ってから最も大きな被害となった。
 『平家物語』には、朱雀門・応天門・会昌門・大極殿・豊楽院・諸司・八省・調所など宮城の諸施設までもが一時のうちに炎上したと記述している。
 このような大事態となったために、元号を「安元」から「治承」に変えたほどなのです。元号には呪術的な要素があるため、これを改めること(改元)で災いを除いて、世を一新すると考えられていた。

 『源平盛衰記』にも、安元の大火についての記述があるので見てみます。もっとも、これは軍記物語(文学)であるため、どこまでが真実なのかは不明です。
 さて、安元の大火は武士の狼藉が出火原因なのですが、そのえげつなさと乱暴さには空いた口が塞がらないといった感じなのです。その記述を大雑把に見てみましょう。
 平重盛(平清盛の長男で小松殿と称された)の乳母の子である成田兵衛為成など7人の者が、十禅師の神輿に矢をいかけるという狼藉を働いたのです。その責を問われて磔の刑や簀巻きにして水に投げ込む刑に処されるところを、重盛に免じられ伊賀国へ流罪と決まった。
 そこで、成田為成は同僚などとの別れを惜しんで酒盛りをした。ところが、皆んなが酒に酔っぱらい正気を失った状態になってきた。その時、伊賀の田舎に流される成田へ進めるべき酒の肴が無いぞ。そこで、肴にしようと髷を切って差し出す者、ヤー面白い負けてなるものかと耳を斬って出す者、命に勝る宝は無いぞその命を肴にしようと腹を掻き切って倒れ伏す者、とエスカレートしていく。
 ついには成田兵衛本人も、俺は再び都に戻って酒を飲むこともないだろうから、俺も肴を出すぞと云い自害して死んだ。
 そして、家主の男は自分が生き残っても、六波羅に召し出されて無事には済まないだろうと言って、家に火をつけて飛び込み焼け死んだ。

 ちなみに、安元の大火について記述のあるものに、公卿九条兼実の日記『玉葉(玉海)』、公卿三条実房の日記『愚昧記』など、史書『百錬抄』。また文学にも、鴨長明『方丈記』、作者未詳『平家物語』などがあるようです。





2022年1月14日 (金)

珍しい鳥居 ー奴禰鳥居(ぬねとりい)ー

Photo_20220112161601
 鳥居は神社や祠の入り口を表わす門で、神域(神様の世界)への入り口であり、俗界(人間の住む世界)との境界だと言えます。 なので、鳥居の内側は神聖な境域とされ、鳥居をくぐる際には一礼するのが作法とされています。

 鳥居には多くの形式(種類)がありますが、大きく分けると神明鳥居と明神鳥居の2種類に分かれるようです。しかし、形式による細かい違いは別として、私たちがよく見かける一般的な鳥居の構造は、次のようなものでしょう。
 二本の柱の上に笠木(かさぎ)が渡され、それが二層となっている場合には笠木の下部に接した形で島木(しまぎ)が渡されています。そして、その中央部から両端にかけては上方へ反っています。
 島木の下側には二本の柱を固定するため貫(ぬき)を通していますが、柱と貫の間隙に楔(くさび)が打たれているものもある。そして、貫の両端が柱の外側に突き出ている部分は木鼻(きばな)と呼ばれます。
 なお、笠木(もしくは島木)と貫との間には、額束(がくづか)が立てられていて、多くはここに額を掲げています。
 二本の柱の上部には台輪が、下部には亀腹(饅頭とも)や藁座が施されることがある。

 ところで、当ブログでは以前(2017年12月1日)に「京都三珍鳥居」と称される珍しい鳥居として、木嶋神社(蚕ノ社)の三柱鳥居、伴氏社(北野天満宮末社)の蓮花が刻まれた亀腹(鳥居台座)、厳島神社(京都御苑内)の唐破風様笠木の鳥居を取り上げたことがあります。
 今回は、写真のような奴彌鳥居と称する鳥居です。これは、極めて稀な鳥居で日本中に次の二基しか無いとのことです。
 その一つは伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)末社の荷田社(かだしゃ)で、もう一つは錦天満宮(にしきてんまんぐう)摂社の日之出稲荷神社(ひのでいなりじんじゃ)ですが、二社ともに京都にあります。

 この奴彌鳥居の特徴は、島木と貫の間にある額束(がくづか)の上部から左右両側に、合掌型の破風扠首束(はふさすつか)をはめ込んだ形となっています。
 なお、千本釈迦堂(大報恩寺)稲荷社の鳥居は、破風の中央の扠首束(さすづか)が無いので、奴禰鳥居のいわば亜種ともいえるものです。




2022年1月 7日 (金)

明けまして おめでとうございます

Photo_20220107162901

 松飾りも今日を最後にお払い箱となります。
 松の内というのは松飾りのある間を言ったもので、元々は元日から15日までだったのですが、現在では7日までとすることもあるのですね。

 年末年始はブログの更新を休んで、お酒など頂きながらのんびりと過ごしていたのですが、あっという間に休みは終わってしまいました。(なんとも残念!)

 来週の金曜日からはまた自転車操業で記事の更新に努めたいと思っています。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。




より以前の記事一覧