2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

無料ブログはココログ

雑記

2022年5月13日 (金)

ヤキモチは怖いという話 その2

紫野十二坊町の「歯ノ地蔵尊」

市バス「千本鞍馬口」南行き停留所のそばにあります。

Photo_20220507170901

 地蔵堂の脇にある「由緒書き」が面白いので、長いのですが全文を記しておきます。

 その昔、鞍馬口通には小川が流れていた。金閣寺北の鏡石あたりから折れた紙屋川の支流で、上にのぼって流れる(注1)。いわゆる”逆さ川”だった。そして、川にはちょうど千本通をまたいで小さな橋がかかり、たもとには一体のお地蔵さんがあった。”逆さ川”の(橋の)下におられるので、人々は”逆さ川地蔵”と呼んで親しんだ。
 そんな頃のこと、近くに夫婦が住んでいた。夫は大工で、仕事一筋のマジメ人間。近所の井戸端会議でも評判で、奥さん連中も口々に誉めそやした。妻も自分には出来すぎた夫と思っていたけれど、あまり評判が良すぎるので気が気ではない。
「ひょっとして浮気でもしたら」
「いやいや、他の女性に取られるかも・・・」
 心配が高じて、夫の帰宅が少しでも遅いと、出先まで迎えに出るほどの気の使いよう。
 ある日、夕方から、あいにく空は一天かき曇って、しのつく雨。
「さぞ、夫が困っているのでは・・・」
 妻が迎えに出ると、いましも向こうから夫が、美しい娘と相合ガサで歩いてくるではないか。
「人の気も知らないで、いまいましい!」
 逆上した妻は掴みかかった。驚いたのは亭主。そのまま駆け出し、逆さ川の橋の下に逃げ込むと、お地蔵さんの陰に隠れた。
 追いついた妻は、言葉より先にやにわに肩へガブリと噛みついた。
「アッ!」
 よほど気が転倒していたのか、妻が夫と思っていたのは実はお地蔵さん、そのうえ、噛みついた歯はお地蔵さんの肩に食い込み、そのまま離れない。
 たまたま通りかかった老僧がいて、「これはこれはお気の毒じゃ」と経文を読んで助けた。が、妻はそのまま息が絶えてしまった。
 以来だれ言うとなく、逆さ川地蔵を”歯形地蔵”と呼んで、女の嫉妬を戒めたとか。また、夫の身代わりになったと言うので、歯痛治療の信仰もいつしか生まれた。

注1:「上にのぼって流れる」は、北に向かって流れることです。

 ほかにも歯痛を治めてもらえる地蔵として、空豆地蔵(東山区本町新6丁目216-5大黒湯)、ぬりこべ地蔵(伏見区深草藪之内町26)、星見地蔵(上京区御前通今小路下ル西運寺)、お首地蔵(北区北野東紅梅町23-2)などがあるようです。




2022年4月29日 (金)

ヤキモチは怖いという話 その1

萬松寺の歯形地蔵

萬松寺は上京区,御前通一条下ル東竪町135にあります。

 萬松禅寺寺門の額

Photo_20220426162401

 元禄年間(江戸時代)、西陣の生糸問屋の娘でお梅というのが居て、手代の吉助に懸想をした。つまり、恋い慕うようになったのですね。
 ところが吉助の方は、主家のお嬢さんと手代では余りにも身分が違うということで、お梅を避けて主家から逃げ出しました。
 お梅は恨みに思ってそのあとを追い萬松寺まできたところ、手代の吉助が墓地の中の石の地蔵尊の陰に隠れているのを見つけ、お梅は逆上のあまり手代の肩に噛み付きました。
 しかし、それは吉助ではなく石の地蔵だったのですが、女の執念が石仏の肩に歯形を残させた。
 それからこの地蔵尊を歯形地蔵というようになったということです。

「歯形石地蔵大菩薩」の石碑
Photo_20220426163501

 このような伝承は他にも例があって珍しいものではないようです。いずれも仏教を信仰する人々が寺の繁栄を願って捏造したものであって、言うまでも無く信ずるに足りぬ話です。

 他にも類似した面白い話がありますから、記事にする予定をしています。




2022年4月 1日 (金)

安元の大火と出火原因

 下京区には、万寿寺通御幸町の西方に「堅田町」という町があります。
 この堅田町、初めは魚屋町と称したと云う。近江国(滋賀県)から日々湖魚を運んでこれを販売したが、錦小路に市場が立ってそこに合併したとされる。
 堅田町と改称した時期は不詳とするが、町の名称はもしかすると、都に湖魚を送っていた現在の滋賀県大津市堅田に縁由があるのかも知れません。

Photo_20220331133201
 上部が特に劣化していて見づらい仁丹町名表示板です。
 表記は「下京區 萬壽寺通御幸町西入 堅田町」とある。

 さて、平安時代も末期の安元3年(1177)4月28日、樋口富小路の東にある、この堅田町から出火した。樋口は樋口小路のことで現在の万寿寺通、富小路は現在の麸屋町通にあたる。
 この火災は、世に安元の大火(太郎焼亡とも)と称された。風に煽られて北西に延焼、左京の三分の一を焼き尽くす大火災で、都が平安京に遷ってから最も大きな被害となった。
 『平家物語』には、朱雀門・応天門・会昌門・大極殿・豊楽院・諸司・八省・調所など宮城の諸施設までもが一時のうちに炎上したと記述している。
 このような大事態となったために、元号を「安元」から「治承」に変えたほどなのです。元号には呪術的な要素があるため、これを改めること(改元)で災いを除いて、世を一新すると考えられていた。

 『源平盛衰記』にも、安元の大火についての記述があるので見てみます。もっとも、これは軍記物語(文学)であるため、どこまでが真実なのかは不明です。
 さて、安元の大火は武士の狼藉が出火原因なのですが、そのえげつなさと乱暴さには空いた口が塞がらないといった感じなのです。その記述を大雑把に見てみましょう。
 平重盛(平清盛の長男で小松殿と称された)の乳母の子である成田兵衛為成など7人の者が、十禅師の神輿に矢をいかけるという狼藉を働いたのです。その責を問われて磔の刑や簀巻きにして水に投げ込む刑に処されるところを、重盛に免じられ伊賀国へ流罪と決まった。
 そこで、成田為成は同僚などとの別れを惜しんで酒盛りをした。ところが、皆んなが酒に酔っぱらい正気を失った状態になってきた。その時、伊賀の田舎に流される成田へ進めるべき酒の肴が無いぞ。そこで、肴にしようと髷を切って差し出す者、ヤー面白い負けてなるものかと耳を斬って出す者、命に勝る宝は無いぞその命を肴にしようと腹を掻き切って倒れ伏す者、とエスカレートしていく。
 ついには成田兵衛本人も、俺は再び都に戻って酒を飲むこともないだろうから、俺も肴を出すぞと云い自害して死んだ。
 そして、家主の男は自分が生き残っても、六波羅に召し出されて無事には済まないだろうと言って、家に火をつけて飛び込み焼け死んだ。

 ちなみに、安元の大火について記述のあるものに、公卿九条兼実の日記『玉葉(玉海)』、公卿三条実房の日記『愚昧記』など、史書『百錬抄』。また文学にも、鴨長明『方丈記』、作者未詳『平家物語』などがあるようです。





2022年1月14日 (金)

珍しい鳥居 ー奴禰鳥居(ぬねとりい)ー

Photo_20220112161601
 鳥居は神社や祠の入り口を表わす門で、神域(神様の世界)への入り口であり、俗界(人間の住む世界)との境界だと言えます。 なので、鳥居の内側は神聖な境域とされ、鳥居をくぐる際には一礼するのが作法とされています。

 鳥居には多くの形式(種類)がありますが、大きく分けると神明鳥居と明神鳥居の2種類に分かれるようです。しかし、形式による細かい違いは別として、私たちがよく見かける一般的な鳥居の構造は、次のようなものでしょう。
 二本の柱の上に笠木(かさぎ)が渡され、それが二層となっている場合には笠木の下部に接した形で島木(しまぎ)が渡されています。そして、その中央部から両端にかけては上方へ反っています。
 島木の下側には二本の柱を固定するため貫(ぬき)を通していますが、柱と貫の間隙に楔(くさび)が打たれているものもある。そして、貫の両端が柱の外側に突き出ている部分は木鼻(きばな)と呼ばれます。
 なお、笠木(もしくは島木)と貫との間には、額束(がくづか)が立てられていて、多くはここに額を掲げています。
 二本の柱の上部には台輪が、下部には亀腹(饅頭とも)や藁座が施されることがある。

 ところで、当ブログでは以前(2017年12月1日)に「京都三珍鳥居」と称される珍しい鳥居として、木嶋神社(蚕ノ社)の三柱鳥居、伴氏社(北野天満宮末社)の蓮花が刻まれた亀腹(鳥居台座)、厳島神社(京都御苑内)の唐破風様笠木の鳥居を取り上げたことがあります。
 今回は、写真のような奴彌鳥居と称する鳥居です。これは、極めて稀な鳥居で日本中に次の二基しか無いとのことです。
 その一つは伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)末社の荷田社(かだしゃ)で、もう一つは錦天満宮(にしきてんまんぐう)摂社の日之出稲荷神社(ひのでいなりじんじゃ)ですが、二社ともに京都にあります。

 この奴彌鳥居の特徴は、島木と貫の間にある額束(がくづか)の上部から左右両側に、合掌型の破風扠首束(はふさすつか)をはめ込んだ形となっています。
 なお、千本釈迦堂(大報恩寺)稲荷社の鳥居は、破風の中央の扠首束(さすづか)が無いので、奴禰鳥居のいわば亜種ともいえるものです。




2022年1月 7日 (金)

明けまして おめでとうございます

Photo_20220107162901

 松飾りも今日を最後にお払い箱となります。
 松の内というのは松飾りのある間を言ったもので、元々は元日から15日までだったのですが、現在では7日までとすることもあるのですね。

 年末年始はブログの更新を休んで、お酒など頂きながらのんびりと過ごしていたのですが、あっという間に休みは終わってしまいました。(なんとも残念!)

 来週の金曜日からはまた自転車操業で記事の更新に努めたいと思っています。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。




2021年12月10日 (金)

京都のフランシスコ会教会

フランシスコの家
京都市下京区岩上通四条下ル佐竹町

Photo_20211210104201

 写真の右端に見える石灯籠、いわゆる「キリシタン灯籠(切支丹灯篭)」と言われるものです。
 『国史大辞典』によれば、キリシタン灯籠は庭に用いた石灯籠の一種で織部灯籠と呼ばれるものだが、古田織部の考案とする確証はないとのことです。
 灯籠下部に彫られている人物のレリーフをマリア像やキリスト像と見立てたのでしょうか。

Photo_20211210104001

 スペインのアヴィラ生まれのフランシスコ会宣教師ペドロ・バプチスタ神父が、ルソン(フィリピン)総督の日本最初の使節として文禄2年(1593)に来日。対朝鮮・文禄の役で肥前の名護屋に滞在していた豊臣秀吉に謁見し、この頃すでにキリスト教禁教令が出されていたにも関わらず、京都の妙満寺跡の広大な土地を教会用地として与えられました。
 バプチスタ神父達は翌文禄3年(1594年)にまず修道院を建てて、その一部をルソン使節館としました。また、通りに面して教会を建てるとともに、京都では初めての西洋式病院を二つ開設しました。これらはフランシスコ会が日本で開いた最初の教会(南蛮寺)・修道院・病院だということです。
 修道院近くには200名以上のキリシタンが暮らしていたので、京の人々はこの一帯を「ダイウス町(ゼウス町)」と呼び、信徒達は「諸天使の元后の町(ロス・アンジェルス)」と呼んだとか。
 文禄5年(1596)10月のサン=フェリペ号事件をきっかけに、秀吉は、1596年12月8日に再び禁教令を公布し、京都と大坂でフランシスコ会の宣教師3人・修道士3人と日本人信徒20人を捕らえました。
 長崎に送られた彼らは、慶長元年(1597)12月19日長崎の西坂において処刑されましたが、1862年6月8日、ローマ教皇ピオ9世によって「日本26聖人殉教者」として聖人の位に列されました。

 昭和61年(1986)、フランシスコ会のルカ・ホルスティンク神父が、往時の南蛮寺跡に建つ京町屋を買い取ってゲラルド神父とフランシスコの家を開設。教会とキリスト教文化資料館としました。 
 ところが、平成24年(2012)、建物の老朽化により漏電の危険性が指摘されたことで、フランシスコの家は閉鎖され、平成25年(2013)の秋に解体されて「キリスト教文化資料館」はなくなりましたが、2014年2月に再建されたのが現在の建物だということです。



2021年12月 3日 (金)

北白川の子安観世音

Photo_20211203121901
 荒神口に始まり白川越えで近江(滋賀県)に至る「志賀越道(山中越え)」が、鴨川を東に渡って東北へ進むと京都大学敷地で一時分断されるが、吉田山の北麓で今出川通を東北に横切った角地点にこの石仏はあります。
 『拾遺都名所圖絵』に、「北白川の石佛ハ希代の大像にしていづれの代乃作といふ事を志ら須。」とあり、約2メートルほどもある大きな石仏で、鎌倉時代の作とされています。
 この石仏はお地蔵さん(地蔵菩薩)ではなく、観音さん(観世音菩薩)です。

 さて、この石仏には次のような謂れがあります。
 自由に動き廻る石仏との噂があることから、太閤豊臣秀吉がこれをたいそう気に入って聚楽第に運んで据えました。
 ところが、それから夜毎に秀吉の寝所を地鳴りが襲うようになったのです。そして石仏が唸っていることに驚いて耳をすますと、「白川に帰りたい、白川に帰りたい」と言っている。それに驚いた秀吉により元の場所に戻されたという。
 この石仏、秀吉でさえも思うままにならないということで有名になり、「太閤地蔵」とも呼ばれるようになったという。
 長年にわたる風化ですっかり風姿も変わって、今ではこれはこれで柔和な感じの石仏になっています。

 なお、この子安観音は志賀越道が今出川通の北側に渡った所にあるのですが、今出川通の南西側にも二体の巨大な石仏があり、あわせて「北白川の三体仏」と称されています。




2021年11月26日 (金)

六地蔵巡り

六地蔵巡りの一所、上善寺

Photo_20211126112001
 地蔵信仰は奈良時代からあったもののようで、平安時代には疫病や厄は街道から村や町に入り込むと考えられた。これらの災厄を防ぎ、旅をする人々の安全を願って地蔵を祀ったようです。
 また地蔵信仰は、悪霊や疫病が侵入するのを防ぐために、峠や街道の分かれ道(追分)、村や町の入り口の道端に祀られた塞の神(道祖神)の信仰とが習合した風習ともいわれる。

 京都では毎年8月22・23日に、京都の周辺にある街道の入口6ヵ所の地蔵を巡拝する「六地蔵巡り」が行なわれています。
 この六地蔵巡りという風習は、古くは室町期からあったようなのですが、六地蔵の位置場所は時代により固定したものではなかったようで、現在のような6ヵ所の地蔵尊に固定されたのは、近世の寛文年間になってのことだそうです。

 ちなみに、『都名所圖会』には六地蔵についての伝承を次のように記す。
「六地蔵 指月の東八町ばかりにあり。此所のひがしは醍醐街道、西は伏見淀道、中に京街道あり、南は黄檗宇治に至る
地藏堂 大善寺と号す、浄土宗なり、京道の角にあり 本尊地蔵菩薩は、仁寿二年小野篁冥途に赴き、生身の地蔵尊を拝し、蘇りて後一木を以て六体の地蔵尊をきざみ、当寺に安置す。保元年中に平清盛西光法師に命じて、都の入口毎に六角の堂をいとなみ、此尊像を配して安置す、今の地蔵巡りこれよりはじまる。」とあって、初めはここ伏見の大善寺に六体の地蔵尊が安置されていたが、平安時代末期の保元年間に平清盛の命により、大善寺も含めて京への出入口である街道口の6ヶ所に分けて安置するようになり、これらの六地蔵を参拝して廻る六地蔵巡りの風習が生まれたという。

 それら六体の地蔵尊が分祀された六ヶ所の寺院と街道口は次のとおり。

伏見六地蔵(奈良街道) 大善寺  伏見区桃山町西町  
鳥羽地蔵(大坂街道)  城禅寺  南区上鳥羽岩ノ本町 
桂地蔵(山陰街道)   地蔵寺  西京区桂春日町   
常盤地蔵(周山街道)  源光寺  右京区常盤馬塚町  
鞍馬口地蔵(鞍馬街道) 上善寺  北区上善寺門前町  
山科地蔵(東海道)   徳林庵  山科区四ノ宮泉水町 




2021年11月19日 (金)

「錦秋の候」となりましたね〜

Photo_20211118154401
 秋もいよいよ深まってきて、木々の葉も色づいてきました。紅葉(黄葉)のシーズンですね。

 秋になって木の葉が色づく仕組みというのは、木の葉のクロロフィルという物質が減って緑色が薄くなってくるために、他の色が目立つようになるからなんだそうです。
 モミジはアントシアニンという物質がたくさん作られて赤色になるのだそうです。そして、イチョウやブナの場合はカロテノイドという物質が目立つことで黄色になるということです。
 なァーんか、も一つどういうこかよく判りませんが・・・(汗)

 ところで、紅葉も綺麗なのですが、黄葉もまた青空に映えて大層美しいものです。

 丹後半島中央部の京丹後市大宮町の五十河、これ「いそか」と読みます。
 この一帯は、丹後半島の中でも多雪地帯ですから、廃村となってしまった所もあります。
 全国各地に小町伝説が残されていますが、この五十河にも小野小町伝承があり、小野小町が晩年を過ごしたと伝わる地に小町公園というのもあります。
 この五十河の「内山自然ブナ林」は京都の自然200選に入っています。秋のブナの林は真っ黄色になりそれはそれは見事なものでした。



2021年11月 5日 (金)

鉄輪(かなわ)の井

 堺町通松原下ル鍛冶屋町に住んでいた女が、浮気をした夫に捨てられて嫉妬に狂い、恨みを晴らすために貴船神社に丑の刻参りを続けて願をかけた。ところが、満願となる7日目を前にして、力が尽きたのか6日目に自宅そばの井戸端で息絶えた。そこで、女の恨みの宿る鉄輪と一緒に井戸の傍に祀った。それでこの井戸を「鉄輪の井」と言った。

金輪の井戸と祠

Photo_20211103114701

 そして、この「鉄輪の井」の水を別れたい相手に飲ませると、縁を切ることができると云われ、「縁切り井戸」としても知られた。今ではこの井戸は水が涸れてしまっているのだが、水を持参して祈願しても効き目があるとの噂があるため、今も縁切りを願って訪れる人があるとか。
 この「鉄輪の井」のある鍛冶屋町、かつては鉄輪町と言ったことがあるようで、地誌書『京雀』は次のように記しています。
「かぢや町 又は金輪の町といふ いにしへ物ねたみふかき女あり かしらに金輪をいたヾき 賀茂の明神にまうでたりしが 鬼になりてにくき人ともとりけるが 後にがうぶくせられし その墳いまにこの町にあり」


 「丑の刻参り」について、広辞苑では次のように説明しています。
 「嫉妬深い女がねたましく思う人をのろい殺すために、丑ノ刻(今の午前2時頃)に神社に参拝すること。頭上に五徳をのせ、蝋燭をともして、手に釘と金槌とを携え、胸に鏡をつるし、のろう人を模したわら人形を神木に打ち付ける。7日目の満願の日には、その人が死ぬと信ぜられた。うしのときもうで。うしのこくまいり。うしまいり。」

 この文中にある「五徳」というのは、今ではまず見かけることが無くなりましたが、火鉢や囲炉裏の火の上に置いて、鍋や薬鑵などを掛ける3脚または4脚の輪形の道具で鉄または陶器製。上下を逆にして置くこともある。五徳のことを鉄輪(かなわ)とも言った。
 この五徳を上下逆にして頭に付け、その五徳の足に刺した蝋燭に火を灯し、火をつけた松明を口にくわえるという異様な姿で祈願したようです。
 そして、丑ノ刻(午前2時頃)に藁人形に五寸釘を打ち付けると、相手を呪い殺すことができる呪術といわれています。
(なんとも恐ろしい話ですね


 呪詛で名高い貴船神社に丑の刻参りをして、呪い取り殺すという話は他にも「宇治の橋姫」伝説などがあります。
 捨てられた女が丑の刻参りをして、相手の男とその後妻を呪い殺すという、その凄まじい恨みと嫉妬心の恐ろしさを、禍々しい鬼の姿で表現しているのが謡曲『金輪』なのですが、金輪の井の話が元になっているようです。




より以前の記事一覧